ウェルネスダイニング・制限食料理キットの感想は?【78歳夫婦がレビュー】

宅食業者

久々に母が調理しているのを見たけど、包丁さばきが不安…

サポートしてあげたいけど、仕事もあるし、全部は見てあげられない…

高齢になってくると、体調の変化などで今までにできていたことが器用にできなくなったりしますよね。

そんな時、食材が最初から切られているミールキットなどが便利ですが、塩分控えめといった制限食が少ないのも事実です。

そこでおすすめなのが、ウェルネスダイニングの制限食料理キットです。

制限食料理キット・栄養バランスコースの2人前・4食セット
制限食料理キット・栄養バランスコースの2人前・4食セット

ウェルネスダイニングの制限食料理キットは

  • カット済み・味付け済みの食材でフライパンで調理するだけ
  • 塩分制限やたんぱく制限などの制限食対応

の2点が魅力です。

みどり
みどり

何より料理好きのお母さんの「生きがい」「やりがい」を奪わないのがいいですね。

この記事では、ウェルネスダイニングの制限食料理キットの作った・食べた感想を紹介します。



基本的作り方な作り方と解凍方法

調理方法は2つです。

主な調理方法
  • フライパンや鍋に油をしき付属のレシピ通りに調理する
  • 湯せんする(副菜の一部)

しかし、事前準備として解凍が必要です。

事前の解凍方法
  • 半日前から冷蔵庫に移し替えて解凍
  • 湯せんか電子レンジで解凍

公式サイトでは半日前から冷蔵庫に移しての解凍するようにすすめられています。

解凍せずに調理してもよいか問い合わせてみたところ、次のような回答が返ってきました。

管理栄養士
管理栄養士

肉や魚は火が通りにくいので事前に解凍したほうがいいです。

湯せんできる副菜は、はじめから湯せんしても問題ありません。

解凍はどの方法でも問題ありませんが、事前解凍だけは忘れないようにしましょう。

大根の和風肉そぼろ

制限食料理キット・栄養バランスコース「大根の和風肉そぼろ」の全体画像
制限食料理キット・栄養バランスコース「大根の和風肉そぼろ」
メニュー調理時間
主菜:大根の和風肉そぼろ7分
副菜:イカ団子の甘酢あん5分
メニュー名エネルギーたんぱく質脂質炭水化物糖質塩分カリウム
大根の和風肉そぼろ(1人前)259kcal15.8g11.9g20.9g17.7g1.9g478mg

大根の和風肉そぼろの作り方

ウェルネスダイニングの制限食料理キットは、カット済み・味付け済みの料理キット。

レシピどおり炒めたり、茹でたりするだけなので本当に簡単です!

レシピの画像
レシピは1食ずつ袋の中に入っています。

レシピには炒める時間や中火・弱火などしか書いていません。本当にシンプルです。

1食分の中には、3~4種類の食材がパウチされています。

2人前のパウチされた冷凍の食材
2人前分のパウチされた食材

パウチを切って、フライパンで「A」と書かれたひき肉から炒めていきます。

ひき肉をフライパンに入れる画像

炒めながら、ひき肉をバラしていきます。

ひき肉を炒めながら細かく切っていく

ひき肉に火が通ったら、味付けされた野菜「B 」を入れます。

野菜を入れて仕上げている様子

野菜にも火が通ったら、完成!

大根の和風肉そぼろの完成画像
大根の和風肉そぼろ

続いて、副菜の「イカ団子の甘酢あん」を作っていきます。

「C」に入ったイカ団子とピーマンを炒めていきます。

イカ団子とピーマンを炒める
みどり
みどり

油ハネに注意しましょう。

「D」の人参を炒めます。

人参を炒める

お皿に盛りつけて完成!!

イカ団子の甘酢あんの拡大画像
イカ団子の甘酢あん

少ないステップで完成させられるので、本当に楽ちんです!

みどり
みどり

主菜も副菜もフライパンで調理するものだったので、1つのフライパンで調理しようとすると時間がかかりました。

大根の和風肉そぼろを食べた感想

大根の和風肉そぼろの拡大画像

そぼろには醤油味がしっかりついており、添えられている大根には醤油に加えて生姜も利いています。

どの食材も柔らかく仕上がりました。

そぼろは細かくなるので食べやすい一方で、掴みにくいと感じる方もいるでしょう。

スプーンを使えば問題ありません。

イカ団子の甘酢あん

イカ団子の甘酢あんの拡大画像

主菜があっさりした味付けのため、副菜は酸味たっぷり。

食べる前から酢の香りがしてきて、食欲をそそります。

添えられている人参やピーマンは柔らかくて食べやすいです。

イカ団子は柔らかい団子の中にコリッとした食感のイカがアクセントになっており、食感も楽しめます。

みどり
みどり

噛む力に自信がない方は、料理ハサミなどで少し切ったほうがよさそうです。

1食分の量は、少食の女性だとちょうどいいくらい。高齢の祖母でも食べきれそうな量でした。

茄子と南瓜のごま酢和え

制限食料理キット・栄養バランスコース「茄子と南瓜のごま酢和え」の完成画像
制限食料理キット・栄養バランスコース「茄子と南瓜のごま酢和え」
メニュー調理時間
主菜:茄子と南瓜のごま酢和え10分
副菜:ほうれん草のコーンバター2分
メニュー名エネルギーたんぱく質脂質炭水化物糖質塩分カリウム
茄子と南瓜のごま酢和え278kcal11.5g17.3g21.6g13.2g1.2g491mg

作り方

茄子と南瓜のごま酢和えのパウチ
パウチは4種類です。

今回のメニューはフライパンと小鍋を使用するので、同時進行で調理可能です。

まず主菜に使うごま酢ダレ「C」をパウチのまま2分湯せんします。

ごま酢ダレを湯せん

湯せんしている間に、副菜の準備をしていきます。

副菜のパウチをフライパンに入れる

「D」を油をひかずにフライパンで炒めます。

副菜をフライパンで炒める

中火で1分程度炒めれば完成です!

ほうれん草のコーンバターの完成画像

副菜の盛り付けが終わる頃に、ごま酢ダレの湯せんも終わります。

主菜に使うパウチ「A」の鶏肉を3分ゆでていきます。

主菜に使う鶏肉をゆでる
みどり
みどり

けっこう灰汁がでましたね……。

鶏肉がゆで終わったところに、茄子と南瓜の入ったパウチ「B」を入れ、さらに2分程度ゆでます。

ゆで終われば、お皿に盛りつけです。

最後に湯せんしたパウチ「C」のごま酢ダレをかけて完成!!

茄子と南瓜のごま酢和え

茄子と南瓜のごま酢和えの完成画像

酢をしっかり使った味付けで、出来上がりから酢の香りがしてきます。

野菜やお肉は素材本来の味ですが、人参と椎茸の入ったごま酢ソースと一緒に食べるとおいしいです。

湯せん後にさらに具材を茹でるため、肉も野菜も柔らかくなり、食べやすいです。

ごま酢ソースの中に入っている細切りの人参が色合いもよくしていました。

ほうれん草のコーンバター

ほうれん草のコーンバターの完成画像

洋風の味付けでコンソメの風味がよく利いています。

食感はやわらかく、誰でも食べやすそうです。

調理でソテーするものの、しっとりと仕上がり、お箸でつかみやすいのも特徴。

塩分量が1.2gとは思えないくらい、しっかりした味付けでおいしかったです。

制限食料理キットの感想まとめ

ウェルネスダイニングの制限食料理キットを利用して感じたのは、この2点です。

  • カット済・味付け済みなので簡単に調理できる
  • 減塩ながら、しっかり味付けされている

「味が薄い」という口コミもありましたが、私たちはまったく薄いと感じませんでした。

このメニューなら、塩分制限をしながら美味しいご飯を食べることができそうです。

制限食料理キットは送料無料。

ぜひ、あなたの口で味付けを確認してみてください。

\公式サイトはこちら/

制限食料理キットのお値段など詳しく知りたい方はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ


PVアクセスランキング にほんブログ村

プロフィール
みどり

当サイト編集長。元急性期病院勤務の相談員(社会福祉士)で現在専業主婦。前職の経験を踏まえ宅食に関する役立つ情報をお届けします。
宅配弁当の記事執筆を担当する夫の「きいろ」は祖父母の体調不良を機に宅配弁当について調べはじめ、今ではすっかり詳しくなりました。
60~80代の家族も実食レビューをもとに紹介します。

みどりをフォローする
宅食業者
スポンサーリンク
みどりをフォローする
えんと弁当

コメント

タイトルとURLをコピーしました