高齢者の宅食(宅配弁当)はいつから?始める目安・タイミングを病院の元相談員が解説!

高齢者の宅食はいつから?始める目安・タイミングを病院の元相談員が解説! 宅食選びのコツ

こんにちは。病院の元相談員、みどりです。

「宅食サービスを始めようかな?」

と考えるきっかけは

  • 医師からの食事制限の指示された時
  • 今まで食事を作っていたご家族の方が入院された時

が多いのではないでしょうか。

その他にも私が実際に病院の相談員として様々な相談を受けてきた中で

これは宅食サービスの検討が必要だというポイントがあります。

そのポイントとは

誰かの見守りや定期訪問が必要なとき

こういった状況になった場合に宅食サービスがどう活用されるのか詳しく説明します。



見守りや定期訪問が必要な状況とは?

離れて暮らす家族。

自分の生活もあって、なかなか様子を見に行けないよなぁ。

親の介護はまだ必要ではないけれど元気に過ごせているのか、

食事をきちんと食べているのか気になるわ…

親が高齢になってくると、このような悩みを持つ方は非常に多いです。

介護保険を申請しても該当しないぐらいの体の状態だけれど安否確認目的でなにか使えるサービスはないのか?といった時に宅食サービスは使えます。

逆のパターンとして

介護保険のサービスを介護度の限度いっぱい使っているけれど

見守りや安否確認もしてほしいな。

といったように介護保険のサービス+αで宅食サービスを利用する方もたくさんおられます。

宅食サービスに介護保険は必要なし

介護保険を申請していなくても宅食サービスは利用できます。

宅食サービス利用に介護保険は必要ありません。

そのため、介護保険を申請していない方でも介護保険を申請している方でも宅食サービスは利用できるというわけです。

詳しい解説は別記事でしていますのでコチラをクリックしてください。

安否確認サービスのある宅食業者紹介

当サイト「えんと弁当」でおすすめしている見守りサービスつきの宅食業者は次の3社です。

民間業者2社と市町村の配食業者があります。

実際に宅食を利用している私の親や祖母の感想や、より詳しい業者の紹介はこちら

ワタミの宅食

「ワタミの宅食」の特徴は「まごころスタッフ」というスタッフが冷のお弁当を指定した日ごとに届けるというスタイル。

このスタイルを活かして見守りサービスを行っています。

具体的には「まごころスタッフ」が、お届けの際に地域・行政との協定に基づき、異変に気がついた場合、市区町村の指定の連絡先に通報するというもの。

あくまで地域福祉の向上に協力するものということですが、お弁当の配達時に家族の状況を確認してくださるというのは、親子どちらも安心感が大きいですね。

\ ↓公式サイトはこちら↓ 

私の祖母(80代)がワタミの宅食を利用していますので、その感想はコチラをクリック。

コープ・生協のお弁当宅配

コープの配達担当者が組合員(購入者)にお弁当を手渡す際に安否確認が可能です。

自治体などと「地域見守り協定」という協定の締結を進めており、配達担当車が異変に気付いた場合は事前に取り決めた行政などの連絡先に連絡・通報を行ってくれます。

公式サイトによると2016年6月時点で、全国の5割以上にあたる約890の市区町村と見守り協定を締結しているとのこと。

かなり広範囲の地域で実施されているということがわかります。

公式サイトは以下です。

\↓京都・大阪・滋賀・奈良・和歌山はこちらから↓/

\↓他の地域の方はこちら↓/

私の祖母が、生協のお弁当を食べていましたので詳細や感想はこちらをクリック。

市町村の配食業者

市区町村に申し込みをして、市区町村が業務委託している配食業者からお弁当が届けられるというもの。

自治体によって違いがありますが、地域福祉の観点から見守りサービスを導入していることが多いのが特徴です。

ただし、市区町村の配食サービスはすべての方が受けられるわけではありません。

市区町村が実施している配食サービスの特徴

見守りサービス付きという点以外にも、市区町村の配食サービスには特徴があります。

  • 申し込みには条件がある
  • 食事制限への柔軟な対応が難しい
申し込みには条件がある

民間の宅食サービスとは異なり、誰でも申し込めるものではありません。

例えば

などなど市町村により条件は異なります。

みどり
みどり

条件があるため、サービスを申請してから審査もあります。

申し込むのであれば早めに申込みすることをオススメします。

食事制限への柔軟な対応が難しい

市町村の配食サービスは普通食(塩分など制限なし、固さも普通)に限られることも多いです。

やわらか食などの用意をしてくれる市町村もありますが、自分の希望する食事を届けてくれるのか必ず確認しましょう。

食事制限があったり、飲み込めるやわらかさが限られている方は民間の宅食サービスの方がオススメです。

まとめ

この記事のポイント

誰かの見守りや定期訪問が必要なときに宅食サービスを始めるのが良い

「ワタミの宅食」 コープ・生協のお弁当宅配 市区町村の配食業者の3つが安否確認も担ってくれる宅配業者としてオススメ

宅食をうまく利用すれば、ご家族の生活が少しでも安心できるものになります。

もし身内の方に見守りや安否確認が必要なひとり暮らしの方がいたら宅食サービスを検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ


PVアクセスランキング にほんブログ村

プロフィール
みどり

当サイト編集長。元急性期病院勤務の相談員(社会福祉士)で現在専業主婦。前職の経験を踏まえ宅食に関する役立つ情報をお届けします。
宅配弁当の記事執筆を担当する夫の「きいろ」は祖父母の体調不良を機に宅配弁当について調べはじめ、今ではすっかり詳しくなりました。
60~80代の家族も実食レビューをもとに紹介します。

みどりをフォローする
宅食選びのコツ
スポンサーリンク
みどりをフォローする
えんと弁当

コメント

タイトルとURLをコピーしました